このブログは、インフォプレナーを目指す人達が集まり、助け合ってお互いのネットビジネスの更なる向上を目指そうという目的で生まれたブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 以前紹介した、ヴァイラルマーケティング

 もともとヴァイラル(viral)とはvirusという単語の形容詞型。つまり「ウィルス性の」「伝染病のような」「伝播力のある」という意味があります。

 ネット創世記に、このヴァイラルマーケティングが発揮されたのはhotmailでした。


[ヴァイラルマーケティングの威力 ホットメール編]の続きを読む
 最初に、メルマガを書き始めた理由は、アフィリエイトで収入を得ようとしたわけではなく、憂さ晴らしだったと思う。

 当時、働いていた会社でのイライラから、なにか発散できるものはないかということで、自分の趣味であるどうでもいい雑学話を書き始めたのが、今の『役にたたない駄話』だった。

 これが、思いのほか好評で、1円の広告料も使わず読者10000人越えを達成させていただいた。

 10000人になった方法は近日公開させて頂くとして、得したことをまず、書いてみよう。

 去年の10月、『マグ広告ドットコム』という会社からメールを頂いた。

 実は、それまでメルマガ広告というものをそれほど重視していなかったし、何ヶ月かに一度、melma!のクリック広告で数千円振り込まれたことくらいしか美味しい思いをしていなかった。

 だが、「マグ広告」のページを見てみると、今までとは違うメリットがあった。

 大きく違ったのは以下の2つ

 1.掲載料が1部0.45円
 2.広告文は自分で考えること


 まず、1の掲載料について、今までは、0.2円くらいが相場で、ほとんど収入といえるようなものにはならなかったといっていい。

 オイラが発行している、役に立たない駄話だと、読者数は約10000人。1度掲載されると、掲載料が4500円と、今までと比べるとかなり美味しい金額といえる。

 そして、2の広告文を作ることに関して。

 最初は、定型文が無いことで、面倒くさいなあとおもったのも事実w

 でも、これは最大のメリットであることがわかった。

 広告文を作ることで、売れそうな広告文を考える力をつけることが出来た。それに、いかにも広告とわかるような定型分を、自分のメルマガの語調で書けるのもよかった。

 また、マグ広告で紹介することでさらにいろいろなメリットがあったけど、それはまたの機会に・・・
 一昔前、商売をするために必要な物は何だったかなあと考えてみた。

 とりあえず、店舗があって、売れそうなものを業者や問屋から仕入れて、地域の人たちに宣伝をして・・・

 これって、いまでいうアフィリエイトと原則は変わっていない。

 ASP登録(商品の仕入先)して、売れそうなものをアフィリエイトして、ブログやホームページ(店舗)に広告リンクを張ってメルマガやその他もろもろでお客さんに宣伝する・・・

 本によっては、自分でホームページやブログやメルマガをもたなくても儲ける方法・・・なんてのが時々あるが、やっぱり、なにか店舗にあたる、メディアを作るにこしたことは無い。

 とりあえず、メディアを作りましょう
 今から、約2年前。僕の精神的師匠(実際にあった人は師匠といえるでしょうが、まだ実際にあったことが無いので・・・)である神田昌典氏の著書が出ました。


[情報鎖国時代の日本]の続きを読む
 まだ、日本では聴きなれないと思われるヴァイラルマーケティング

 しかし、その仕組みについてはすでに利用されている仕組みなのですぐに理解できると思います。

 その仕組みの内容とは・・・
[ヴァイラルマーケティングとはなんだ?]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。